26お日様に行われたG7伊勢志摩サミットに関しまして!

G7伊勢志摩サミットで、行われた通信を聞いて、随所首脳がタックスに関しまして懸念いるようで、おんなじヤツですなと親第六感がありました。タックスは、世界を切り回すエンジン的方法かなあと思います。ポリシーをお互いにコミュニケーション理解をだして、いい結果が出たら、愉快と待ち望むけど、難しいですね。首相協議で現れるたび、色々なお話あって、一気に華やかさになりますね。お話にとっては、楽しい通信だ。熊本地震の通信で心に痛み感じますが、気合い現れる通信が流れば、あれこれにおいて暖かい気持ちになると思いました。G7伊勢志摩サミットで、世界を通じて如何なる理解があるのか、関心もって見ていらっしゃる。総理大臣の弁論も、注目ですが、口ぶりや、手は、どんなふうに出すのでしょうか。その人のキャラクターが現れるので、おかしい発見できました。酷評的理解によって、お互いに褒め馴染む理解も平和につながれば、邦人として、自負をもつことでしょう。と言いたいけど、現在はどうだろうか?と考える輩になりました。

26お日様に行われたG7伊勢志摩サミットに関しまして!