英のEU撤退によるサッカーへの作用は?

先日から話題になっている英国のEU離脱のトピック。市民投票でのEU離脱が凝縮になっているようです。

1990時の上役マン判決というもので、
サッカーではEU仲間入り国の国籍アスリートのEU仲間入りナショナリズムチーム間での移籍のフリーと、EU仲間入りナショナリズムでの外人範囲に含まれないことが決まりました。

英国がEUから離脱したところ、EU仲間入りナショナリズムから英国圏内のイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドに移籍するアスリートは外人範囲に入るのか?
逆に英国圏内からEU仲間入りナショナリズムに移籍始めるアスリートも外人範囲に入るのか?
もしも、英国圏内での外人範囲がEUアスリートにも適用されたところ、やはりその範囲はEU仲間入り国の国籍アスリートに多くが割かれることになるでしょう。
現在もEU仲間入り国のチームの外人範囲は主に南米国籍、次いでアフリカ国籍のアスリートに使われていると映るので、
邦人アスリートは英国圏内のチームへ移籍始める門がグングン狭くなってしまうので
レナンバーワンで割り増しリーグ優勝を経験した岡崎アスリートなどはどうなるのだろうななどと心配しています。

英国のEU離脱により各リーグの外人範囲の法律も調整されるとは思いますが、
そちらと共にチャンピオンズリーグでの外人範囲の取回しもどうなるか注目です。

英のEU撤退によるサッカーへの作用は?