フェーン事象のことや土砂降りと雲などについて訓練

フェーン現象などについて修練しました。エアーの変質現象をフェーン現象といいます。一般に、風上間近山麓での温度・気温が共に高いほど、風下間近山麓に達したときの温度が厳しく、乾燥の具合も大きいです。わが国では、太平洋間近の高温多湿な大気が脊粱山脈をこえて日本海に吹き下る行いによるフェーン現象が多いです。エアーが上昇すると雲ができます。雲の中で水滴や氷晶が成長して大きくなると多雨になります。積雲は上方に向かって発達します。発達する積雲の雲頂が圏界面に近づくと、それ以上上方に上達できなくなり、積乱雲となります。積雲が上方に発達するのは、その場所の大気が発展を続けているからだ。発展が止まると、雲はそれ以上上方には発達しません。一般に、雲はエアーが上昇しているときに発達し、エアーが下降するときは上達できずに消えていきます。このようなことを修練しましたが、わかる要所と知らないところがありましたが、勉強して良かったです。キレイモ 回数制 分割

フェーン事象のことや土砂降りと雲などについて訓練